2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.04.29 (Tue)

グンサン工場

群馬が誇る、富岡製糸工場が世界遺産に選ばれたそうです。
o0480030711252142901.jpg
やっぱり地元が褒められるのは嬉しいねヽ(´▽`)/

群馬は「かかあ天下と空っ風」といって、
女が強いと言われてる土地。
その意味は、単に女性が尻にしいてるってわけじゃなくて・・・

昔の群馬は養蚕がとても盛んで、
中学を出ると多くの女の子たちが製糸工場で働き出す。
つまり、経済的な自立により女性の立場は高かったわけで。
家庭に入っても基本的に働き者でしっかりしてる女性が多いと言われてます。
免許所持してる人も殆どだから、
旦那さんがイヤになったらいつでも実家に帰れるしw

そこにきて、昔、群馬は実はギャンブルの街としても有名で。
競馬競輪競艇にオートレース。
一通り揃ってたんだよね。
奥さんが一生懸命働くなかで、旦那さんはギャンブルでお金を失って帰ってくる。
だから頭が上がらない。
っていうのが昔からよく言われる俗説みたい!
生まれる前だから詳しくは分かんないけど。

その流れからか知らないけど、
群馬では大体の夫婦は関係が対等。
気は優しくて義理人情に溢れてるけど、
早口な上に口が悪い人が多いから
さながら普通の会話までケンカしてるように見えるんだとかw
まき子とリンリンもよく言われる\(^ω^)/

話は戻して養蚕。おカイコさま。
まき子の生まれ育ったところでも養蚕は盛んで、
とても大きな工場があったんだ。
朝早くから白い蒸気が吹き出し、
独特の匂いが辺り一面に立ち込める。
思い出の中の製糸工場は、なんだかファンタジー。

あの匂い、結構苦手で・・・。
繭を煮るときの、生暖かくて変に甘い匂いが鼻から胃までいっぱいになると
思わずオエッとなったもんです( ´ ω ` )
息止めるんだけど、工場がでかすぎて通り過ぎるまでには
堪えきれずブハッとw

でも思い出って不思議なもので、
あの匂いや工場の音や蒸気を思い出そうとすると
何だか胸にくる、趣のある記憶になってる。

まだ星が出てる肌寒い早朝に、
ママの運転する自転車の後ろに乗りながら
その工場の前を通るんだ。

もう既にその工場は閉鎖されて、
いまはすっかり住宅地になってしまって
あの匂いは2度と嗅ぐことはないんだろうけど・・・。

そんなわけで、
製糸工場っていうのはまき子にとって
大事な思い出のひとつだったりヾ('ω'*)ノ

おカイコの写真アップしようと思ったけど、
虫が苦手な人もいるだろうから自重しよう。

今日の日記や写真がちょっと良かったら、ポチっと。
マキがもっと更新頑張るようになります(*´∀`)
↓  ↓  ↓  
fc2ランキング
※行き先はfc2ブログランキング※
14:09  |  日常  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |