2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.06.21 (Sat)

長い。

今日は普段気になっている、
一言について語ってみる。
まき子がただひねくれてるだけなのかもしれないので、
気分を害した方がいたらごめんなさい。

生後半年に満たない子供を持つ、
新米ママに対して主に使われる
そのくらいの時が一番いいのよねえ」という、
年配の女性の人が良く使う、この言葉。
これが苦手だったりする。

使ってる人はきっと、
全く悪気はなくて
何気なく口から出ちゃうもんなのかもしれない。
というか、
口の悪いまき子には、
「何も考えてないからこそ出る無責任な言葉なのかな」と
思ってしまうのでした。

乳児はたしかに可愛い。
自分が生んだ子なら尚更、
それこそ食べちゃいたくなる。
・・・けど、
すっごい辛いときも多々あるよね。
特に一人目の子供が生まれたばっかのママは。
息の抜きどころもわからなくて、
育児書だけじゃ理解できない部分も多くて。
それこそノイローゼ。

頭がこんがらがってきて、
言葉も通じない、どう対処すれば良いかもわからない。
結局一番大変なところは誰にも頼れない。
本当に一番キツいときなんかは、
泣き叫ぶその口を塞いでしまいたくもなる。

そんな人に対して、
「そのくらいの時が一番いいのよねえ」
っていうのは酷だなと思うんだ。
素で「はあ?」ってなる。というか、なった。
そのときの自分には全く余裕がなかったから、
「そうなんですかー^^」って返しながら
心底、腸が煮えくり返ってた。

それと同時に、
人がよくいう一番いいときを、
楽しむことが出来てなくて
ピリピリしてて子供にイヤな思いをさせて、
私はきっと母親失格なんだろうなあ・・・って
悲しくもなったり。

今は二人目の育児だから楽できるとこは楽して、
こんなんでいいのかなw
っていうくらい、楽しんでる。
前みたいに気持ち悪いほどの神経質さもないし。
気軽に一人で出かけられないのも慣れたし!
それこそ最初の1ヶ月は寝不足も辛かったけど(´-ω-`)

うーん。
まき子自身、なんだそれって思ってるから
例えに出すとしたら難しいところなんだけど、
メンタルが弱ってる人に
「がんばれ♥がんばれ♥」って
言っちゃダメっていうじゃない?
つまりはそういうことに近いのかも・・・。

生後半年にも満たない赤ちゃんを育ててる人は
基本的に頑張ってない人って、
殆どいないと思うんだよ。
もう、いっぱいいっぱいで頑張ってるの。
すごく辛いの。
気軽にコンビニいくっていうのだって出来ないし
トイレいこーっていっても結構大変なわけ。

その辛い状況にいる中で、
今が一番いいときね☆っていわれたら
え・・・これからもっと辛いの?とか、
こんなに悩んでる自分がおかしいの?って
悩むママも出てくると思うんだよね。

そんな中で、いっちゃんが生後半年くらいのとき。
法事で久しぶりにあったおばさんから
例の「そのくらいの時が一番いいのよねえ」の呪文が唱えられた。
そしたら、
まき子が小さい頃から憧れてるいとこのお姉ちゃんが
「私だったら、
もう1回乳児からやり直していいよって言われたら
お金払ってでも勘弁。
自分の子が3歳超えてやっとホッとしたもん」
ていうのを聞いて、
なんだか心が救われた気がしたんだよね。

でも、この会話みてても、
??って共感できない人はいると思う。
ただ、まき子には、
この大変さにも出口があるんだなあって。

実際、いっちゃんが2歳になって3歳になって
こんなに気が楽で、
こんなに素直にいつも愛おしいと思えるんだーって。

だから、
まき子の中では
乳児もちのママには、私はその言葉を使わない!
ってことにしてる。
「いまは大変だけど、
どんどん楽になるからね!」っていう。
実際、本当にそうだとまき子は思うし。

とはいえ、
その言葉を使う人が悪いとも言えない。
その人たちは多分、
すでに子育てが一段落ついていて、
もう、子供が手から離れている状況で。
10年20年、それ以上かもしれないけど。
手がかかって大変だけども
子供が近くにいてくれた頃の思い出が懐かしくて、
つい口から出ちゃう言葉なのかなと。

子供たちが巣立ったときに、
自分も絶対寂しくなるのが容易に想像できるし
あの手がかかった頃が一番楽しかったなあ。
って感じるんだろうな。

気をつけなきゃいけないのが、
孫ができたときだなあ。
とくに養育に責任がなくて愛でるだけになったら、
そりゃあ自分が大変だったときのことなんぞ
頭からすっかり飛んで、
ただ、可愛い可愛いになっちゃいそう。

お義母さんが全然そういうタイプじゃないのが、
本当にありがたい。
孫が大好きでめいっぱい愛してくれるけど、
必要以上に干渉はしないし、
自分が子育てでイヤだなと感じてきたことは
まき子にしない、させないようにしてくれる。

なので、
まき子がもっと年を重ねたときには
自分の子育ての想いは自分の胸の中にだけ秘めて、
気を遣ってあげられる人になりたいな。
と、思ったのでした。

ってこうやって
長文で書いてみたけど、
気にしない人は全く気にしないことだし
個人的な意見なのであしからずd(^O^)b

今日の日記や写真がちょっと良かったら、ポチっと。
マキがもっと更新頑張るようになります(*´∀`)
↓  ↓  ↓  
fc2ランキング
※行き先はfc2ブログランキング※
22:48  |  育児  |  コメント(1)

Comment

マキさん…!!

ぐっっじょおおおおおおおおおおぶ!!
鬼嫁さま |  2014.06.22(日) 19:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |