2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.05.02 (Sat)

おっぱいの病気

Twitterには書いてたんですが、
リンリンが長く風邪っぴき。
こまちゃんが連日の高熱。
そして、まき子も乳腺炎と、
我が家はいっちゃんを除いて体調不良フェスティバルでした。

まき子は、
前日まで全くなにも予兆なく
朝起きると右おっぱいに違和感。
岩のようにゴツゴツしてて重い。

ああ、これはきたぞ。乳腺炎が。
と、まあ慣れっこだったのですぐに毛布を持って来たり
水を枕元に置いたり準備。
助産師さんたちにも、時代が違えば乳母さんになれる!と
太鼓判を貰うほど母乳量が半端ない私。
一向に減る気配を見せません。
おっぱいが出ないと悩むお母さんも多い中、
出過ぎて困るって悩む人も実は結構いるんだけど
なにが大変て、脂っこいものや甘いものを多めに食べたり、
そしてストレスとかが重なると起こる、この乳腺炎という病気。

乳腺炎といっても、
いくつか種類があるんだけど
まき子がたまになるのはコレ。

急性化膿性乳腺炎
産褥3~4週ごろに発症するものが多い。
局所の発赤の腫脹・発赤・疼痛が顕著で、
発症から1~2日後に悪寒・戦慄を伴う38~40℃の高熱をみる。
全身倦怠感を訴え、頻脈になり、
患部のリンパ腺が腫脹し、圧痛が生じます。
化膿し膿瘍を形成すると、局所に波動を認め、
乳汁に膿が混じることがあります。


インフルエンザにかかって酷い症状のときに似てるかな。
体や歯がたえずガタガタがちがち。
真夏でも寒くて寒くて、布団かけても全然だめ。
この時点で冷え切ってるのに体温は38度越え。

そして熱が上がり切ったら今回は42度近くまで。

42度になると立ってられないくらいの頭痛に襲われて、
胸は無理に穴をあけて物を詰め込まれ
上から殴られたような痛み。
舌も回らなくなって、ちゃんと喋れない。
そんなのが丸二日続いたのかな。地獄だった;

これが自分一人だったらよかったんだけど、
この日は祝日。
いっちゃんとこまちゃんもおうちにいる日。

で、またこれが重なるんだけど
こまちゃんも高熱を出しちゃって。
とにかく母乳を与え続けて水もあげて
脱水症状にならないように気を付けてるんだけど
自分の水分はガンガンなくなってくから、
気が付いたら目の前が回り始めて、
黄色と黒の光がチラチラ。

それでも、こまちゃんが寝たら
せっかくのお休みのいっちゃんと
遊んであげなきゃ可哀想だから、
お店やさんごっことかに付き合うんだけど・・・
座ってもいられないから、床に倒れたままごっこ遊びw

でもさすがにお昼すぎになって、
これは厳しいし、いっちゃんもお休みがこんなんじゃ
あんまりだから、
申し訳ないな・・・と思いつつ
お義母さんにいっちゃんのことをお願いした。

そんなこんなで母乳を作るため
水分を無理やり摂りながら2人で布団に転がってたんだけど
急にこまちゃんの顔つきがおかしくなって・・・

あ、これ熱性けいれんだ!!って。

いっちゃんも突発のときになったんだけど、
これほんっとに怖い。
グロ注意。
愛らしい自分の子供の顔が、
一瞬で真っ青になって、黒目はグリン!とひっくり返り
歯が下唇すべてを覆ってモグモグしてるの。
で、体をのけぞらせて両手はビクンビクン。
そして、呼吸が止まってる。
「死」って言葉が確実に頭に浮かんでくる。

この間(かん)、多くは数分で終わるんだけど
初めてみたときは「あっウチの子死んだ!?これは死んだ!!!!?
って、パニックになったよ。

2人目だったのでそれでも慌てたけど、
比較的冷静にリンリンを電話で呼んで
すぐに救急車を呼んだよ。
熱性けいれんで呼ぶほどじゃないって人もいるけど、
なにがあるか判んないし、
後悔したくないので呼ばせてもらった。

まき子自身もフラフラだったけど、
火事場のなんたらでか、
乗り込んで状況の確認とかスムーズに出来たかな。
でも救急車に自分も乗り込んで、
少し落ち着いたらドッと疲れが出て急に眠気が;

熱性けいれんは、
遺伝の関係も強いものらしいから、
うちは二人ともかかったのかな・・・?
これからお子さんを持つ方は、
「突発」と「熱性けいれん」は1度検索して覚えておくといいかもしれない!
もう、ほんっとに怖いから。びっくりするから;ω;

調べたらわかりやすい症状が書いてあったので、
載せてみます。
熱性けいれんの特徴
■高熱が出る、体温上昇時になる。発熱の1日目
■体が固くなったり、ビクビクとけいれんする
■呼吸が止まる
■意識がなくなる
■チアノーゼ
■30秒から3分、長い場合には15分
■子どもの5%~10%が起こす。
■そのうち3割が複数回起こす。
■成長するとなくなる。


痙攣て恐ろしい。
今まで子供のも大人のも見たことあるけど、
トラウマものだよ・・・。

脱線しましたが、
近くの市民病院ではお医者さんの人数の問題で
受けてもらえなかったので、
20分ほどかけて隣町の病院までいって
処置してもらいました。
といっても、
生理食塩水の点滴うけてお終いだったけどw

そして帰宅して、
リンリン実家にみててもらったいっちゃんを迎えにいって
子供たちを寝かしつけてからも、
ひどい頭痛で眠れずもがき苦しんでたヽ(;▽;)ノ

そんなこともあって、
こまちゃんはしばし保育園をお休みし
一緒に安静生活してました。
途中に耳鼻科いってみたり小児科いってみたり。

結局のところ、
こまちゃんは突発だった!
突発性発疹(突発)ってかなりめんどくさいもので、
高熱がいきなり出て、そのまま下がらず3日ほど。
その間はお医者さんに行っても、
突発だろうけど、分かんないんだよねーって。
そう、
発疹がでるまで突発か何の病気か、
よく分かんない!

でも、痙攣を起こさないにしても
3歳までには100%かかる病気なので、
これからママになる方は気合入れといてください!ヽ(;▽;)ノ

そんなわけでね、
今はすっかり二人とも元気になりました(n‘∀‘)η
ためてた洗濯物とか、
友人たちが家に遊びにくるので大掃除したり。
でも、すっごい楽しみなんだよね♡

今日の日記や写真がちょっと良かったら、ポチっと。
マキがもっと更新頑張るようになります(*´∀`)
↓  ↓  ↓  
fc2ランキング
※行き先はfc2ブログランキング※
23:26  |  育児  |  コメント(2)

Comment

うわーん(T-T)頼れる家族がいてよかったようー!!!


たかが風邪。されど風邪。
インフルエンザや、ヨウ連菌感染症、RSウィルス、マイコプラズマ感染症、感染性胃腸炎。
免疫力や抵抗力のない子供やお年寄り、
大人でも心身弱ってると看病中に発病します。

まれに家族内全員感染しますが、大人が子供より先に倒れ共倒れしてしまうことが本当に恐い(>_<)です。
いざというときの、大人が倒れたときの、子供の預け先候補は2つ以上あったほうがいいです。(T-T)ああん。。。
今は治ってて本当に、本当によかったー!!!
せんち |  2015.05.21(木) 10:46 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015.05.09(土) 07:22 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。